【登壇】2019.11.4 『クリエイター祭り 怪盗Wの挑戦状~3年後の可能性を立証せよ~』に登壇してきました!

イラストレーターのmutsumiです。

クリエイター祭りに登壇者として参加してきました。
簡単なレポートにまとめたいと思います!

『クリエイター祭り』って?

クリエイター祭りとは、ちょっと先を行く先輩のお悩み解決ストーリーや、
同じ悩みを抱えるクリエイターとの出逢いや交流を楽しめる、未来を変えたいクリエイターのためのお祭りです。

「いつか独立したい!」
「スキルアップや転職で悩んでいる」
「このまま同じ仕事をしていて将来は大丈夫だろうか」
「クリエイターになりたい」

そして今年で6回目を迎える今回のクリエイター祭りは、怪盗Wの挑戦状を解きながら、悩みから脱出のヒントを見つける、イベントスタイルになっています。

(上記:サイト引用)

私自身も、2年前に初めて参加し、去年はスタッフとして参加しました。
スタッフとしてはマーケティングチームで動いていました。
▼去年のレポートもブログで書いているのでまたよかったら!
https://mutsumi-kado.com/ivent_creative/

登壇することになった経緯と登壇内容


『100職100人似顔絵企画』という、100の職業を持った100人分の似顔絵を描かせて頂く企画を作り、SNSやリアル営業で100人分のお申し込みを約2ヶ月で達成することが出来ました。

ただ「似顔絵を描きます!」ではなく
「個性ある未来をつくる」というビジョンをのっけた企画で
その人の個性を引き出した似顔絵で、その人の面白さを発信して100人分まとめて個展開催、までが企画内容。

思った以上に結果が出た理由が、「ビジョン」を発信したから。

自分のビジョンをつくり発信することで、共感してくれる人や応援してくれる人が現れ今回100人分集めることが出来ました。

企画をつくる段階から相談していた、クリエイター祭りの主催者であるカッシーさんから登壇のお声かけを頂き、正直ちゃんと価値のある情報として提供出来るか不安でしたが引き受けさせて頂くことになりました。

そして、【絵を売るではなく、ビジョンを創る大事さ】という題目でお話させて頂くことに。

今回登壇内容を簡単にまとめると

●企画をするまでの経緯
   イラストで仕事したい!と思い、飲食業から印刷業に転職
   イラストの夜間学校に通いながら働き、個展やグループ展などに
   参加して人との繋がりを地道につくる。クリエポにも参加。
 営業するも上手くいかず、行き詰まり。。。
   改めて自己分析、ビジョンつくる。描きたいイラストのタッチも決める。

●100職100人似顔絵企画内容
 値段設定・営業方法など企画をどういう風に決めて進めたか

●結果・まとめ

  集客の3割がシェアだった!ビジョン発信で、共感・応援が生まれた。

●ビジョンを創る大事さ!
 

という流れで、お話させて頂きました。

異業種からイラストレーターになる挑戦をして地道に人と繋がってきました。
スキルがすごい訳でもなく、まだまだ思考錯誤中ですが
今回このビジョンを創ることで、一気にやりたいことが加速したので
みなさんにも人との繋がりやビジョンを創る大事さが伝わっていれば嬉しいなと思います。

ビジョンはどうやって出来ていったか

「個性ある未来をつくる」

というビジョンですが、出来るまでに色々と自己分析をして自分が好きなことや今までの過去を振り返って沢山キーワードを出していきました。

過去の体験のお話をすると・・・

大学生活では色々あり、自己肯定感が全くない時期がありました。
自分を認めることが出来なくて、大嫌いで、身動きが全然とれない。

このままではいけないと思い、就職活動で色んな会社や経営者に会いに行ったり、社長の鞄持ちインターンシップなど色々行動してきました。

色々な価値観や人に触れることで、就職活動では職種ではなく、自分が成長出来るところを選ぼうと思いました。

もっと人として成長したい。
こんな自分でも人に希望を与えられるような人間になりたい。

在り方に凄く意識がいっていた時期で就職活動で色々動きまくった結果、神戸の飲食業に勤めることになりました。

在り方を追い求め、飲食業でチームで働くこと、人と向き合うことをとことんしてきて、凄く学ばせて頂きました。

ですが3年ちょっと勤めて、週1休みや長時間労働の中「自分の人生このままでいいのか、後悔しないか?」と考え、元々好きだったイラストで仕事がしたい!という気持ちがふつふつと湧いてきて動くなら今だと思い、転職を決意しました。

自分が「どういう想いで仕事をしているか」をそのとき向き合ってきましたが
次は、「どの手段で?どの職業で?」という所を求めるようになりました。

そして、印刷業に転職しイラストレーターとしても活動を初めて今に至ります。



振り返って感じることは、今のビジョンである「個性ある未来をつくる」も
自分を受け入れられなかった時期があったから出来たものだと思います。

自分の中だけでぐるぐる苦しんでいた中から一度自分をなくしてみて、
人や会社や社会のことを知ろうと動いたことが結果的に、自分を教えてもらう機会が沢山ありました。
人との出会いを通して、色んな人の個性や価値観に魅了されて
自分は自分でいいんだ、それを自分自身が認められるだけで心が軽くなる。

そういった体験が、このビジョンに繋がっているなと改めて振り返って感じます。

今度は自分がその人の面白さや素敵なところを発見して伝えたい。
もっと自分を受容出来たら、自分らしく生きていけると思えました。

私が感じる、その人の面白さや個性をイラストで表現して
普段の自分と違う面白さや個性を発見することで楽しんでもらえたら嬉しい。

似顔絵を通して、自分を受け入れたり再発見する体験が、未来を楽しく作っていくことに繋がれば。

今回は、私の描きたいイラストのタッチとビジョンがうまく噛み合って
似顔絵企画として機能したんだろうなと思います。

以上、過去の話でだいぶ堅い話をしてしまいましたが・・・
自分の好きな事や好きな作家、逆に嫌いなことなど色々出してみたら何かしら見えてくるかも・・・

今回、クリエイター祭りで沢山「ビジョン」という言葉が出てきたと思いますがみなさんがこれから自分のビジョンって何だろうと思った時に少しでも参考になれば嬉しいです。

クリエイター祭りを終えて

(交流会後に集合写真!)

全然写真を撮れてなかったですが・・・

クリエイター祭りでは、クリエイター多数決・登壇者のトークセッション、として、今回は謎解きという新しい試みが行われ、悩みを突破する!をコンセプトに参加者の方がチームとなって謎を解いていくコンテンツがありました。

みなさんとても盛り上がっており、アンケートの感想も見させて頂いたらほとんどが満足か大満足かでイベントとして成功したことに、準備して下さったスタッフの皆様に感謝の言葉が尽きません・・・!

他の方のトークセッションでは、

「自分の可能性を諦めない」
「徹底的なブランディング!」
「職業は自分の名前」
「クリエイターはワガママであれ!」

などなど、響くワードがてんこ盛りでした。

私もイラストだけに留まらず、自分の職業はmutsumiです!
と胸を張れるような働き方・生き方をしていきたいと強く感じました。

大学時代に追い求めていた在り方に返って、さらに手段はイラスト以外にも何か自分の可能性を広げたい。
社会との関係性も考えていきながら。

クリエイター祭りは、参加者・スタッフ・登壇者を経験しましたが
毎度毎度勇気をもらえます。心揺さぶられる。
登壇後も、勇気もらいましたと声をかけて下さる方もいてとても嬉しかったです。。。

今回参加出来なかった方も、ぜひ来年足を運んで頂けたら!!
こんなにたくさんのクリエイターに会えて、勇気をもらえるイベントは中々ないと思います!!

そう思えるのも、改めてスタッフや参加して下さった方のおかげです!

本当にありがとうございました!!

とことん告知!!


今回登壇した内容である、「100職100人似顔絵企画」
100の職業を持った100人分の似顔絵を飾ります。
 
■日程
2019.11.25(月)-12.7(土)
*11.30(sat)17:00-19:00
レセプション(参加費:無料)
*12.9(mon)-2.1(sat)の期間はポスター・映像のみ展示
 
■場所
飛行船スタイル shop&galelry
肥後橋駅7番出口 / 本町駅28番出口
 
■OPEN 11:30〜20:00(最終日18:00まで)
 
■CLOSE 日曜日
年末年始のお休み → 12/27(金)〜1/5(日)

ぜひぜひ遊びにきてください〜!!!!

おまちしてますー!

mutsumi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA