『鳥取似顔絵企画』〜東部商店街編〜

皆様

こんにちは。
イラストレーターのmutsumiです。

突然ですが、ANA様によるアートプロジェクト”COM”にイラストレーターとして参加させて頂くことになりました!

こちらでは参加することになった経緯や、プロジェクト内容などをお伝え出来たらと思います。

“COM”とは?

(→Webサイトより)

長野/鳥取/広島のアーティストインレジデンス(AIR施設)に滞在し(もしくは通い) 作品制作を行い、完成物を地域で発表します。

この「COM」というのはテーマはコミュニケーション。
(下記引用)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テーマはコミュニケーション。
そこにいる“人” = “地域”であることを、改めて考え実感するための実証実験プロジェクト。

“人”がいて“コミュニケーション”があるからこそ“地域”に意味が生まれ“文化”が育つ。
“そこ”であることの意味が薄れてしまったいま、“そこ”に“人”が集まる理由は何なのか。

その解を実感できるようなプロジェクトを目指します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

詳細はプロジェクトのWebサイトをご覧下さいませ。(11/6に完成予定)
https://www.ana.co.jp/ja/jp/domestic/promotions/art_com/

私は今回「鳥取」のエリアで、参加させて頂きます。

きっかけは「100職100人似顔絵企画」

元々なぜお声かけ頂いたかというと、2019年に100の職業を持った100人の似顔絵をSNSで募集し展示するまでが企画の「100職100人似顔絵企画」を実施したことがきっかけです。

それぞれの頭の上に、職業や個性をのせたユーモアでシュールな似顔絵。
これを鳥取でやったら面白いんじゃないか、とうことで私が鳥取大学で学生だった時にお世話になったNPO法人学生人材バンクの中川玄洋さんにお声かけ頂きました。

★100職100人似顔絵企画の詳細は下記のブログを参考に。

“COM”鳥取で行うこと


私はこの滞在で『鳥取で暮らす・働く「人」を描き、それぞれの個性や働き方を発信する』をテーマに制作をさせて頂きます。

100職100人似顔絵企画で描いた、個性や職業を頭の上に乗せた似顔絵を今回鳥取の商店街を舞台に鳥取東部商店街編として制作します。

今回鳥取市の現地でサポートをして下さる「一般社団法人まるにわ」「学生人材バンク」の方ともお話し、具体的に制作の方向性が見えてきました。

自分が出来ること・したいことを話し、現地の方からは鳥取市商店街の現状など色々お話していく中で、「数珠繋がりに紹介していくの面白いね」「誰が誰を紹介したのかも気になる!」「あまり取材入ってない若手のお店が実は結構ある」などやり取り出来てアイデア出しを一緒にして下さったことがとてもありがたかったです。

なので、鳥取市東部にある商店街内(7つあります)にあるお店にエリアを絞り「似顔絵を描いた方に次の人を紹介してもらう」数珠つながりに似顔絵を描く方法で、商店街の方同士の繋がりも可視化出来たらいいなと思っています。

鳥取市内・市外・県外、様々な人から見ても面白い発見が、展示では見せることが出来るようにしたい!

新型コロナウイルスもまだまだ収束しておりません。
アルコール持参、マスク着用ももちろんながらしっかり対策しながらお店の人にヒヤリングし、似顔絵制作をさせて頂きたいと思っています。

こういう時だからこそ、人との繋がりを似顔絵を通してリアルに感じて頂ける企画なんじゃないかなと思います。

今回参加するにあたって


前半でも述べましたが、今回お声かけ頂いたのは鳥取大学在学時にお世話になった「NPO法人学生人材バンク」代表の中川玄洋さんからでした。


Facebookで繋がっていた事もあり、去年大阪で100職100人似顔絵企画に応募して下さったり、個展にも来て下さったりと再びお会いする事が出来ました。

大学3年生の就職活動の一貫で、学生人材バンクが行っていたインターンシップに参加させて頂いたことが出会いの始まり。

その時にまちのイベントのスタッフとして参加して、地域の方々と交流させて頂いた事が「地域」への関心の始まりだったと思います。

地域の方との関わりは楽しさも難しさもありながらも、大学生活を大学内だけのコミュニティで終わらしたらもったいないと思い、そこから学生人材バンクさんの企画や鳥取市の商店街のイベント(トットリノススメ、じんじんさんのワークショップなど)に顔を出したり、ボランティアスタッフをしたりして地域の人たちと関わろうとしていました。

すごく印象的だったことが「皆さん楽しそう」という。
肩の力を抜いて、それぞれの表現で楽しんでいる、表現が混じり合ってる。まちづくり!地域を良くしよう!とかが先にあるんじゃなくて、自分たちがまず楽しんでる。結果的にその空気や心地よさが広がっている。当時そんなお話を聞いたような。。そしてそれを肌で感じた記憶があります。

私は兵庫県出身なのですが、学生の時は自分の地元から離れたいという気持ちが強く、自分が暮らしている地域のことを考えた事もありませんでした。

鳥取で過ごした4年間で、自分も将来、自分が表現出来ることで地域の人たちと楽しいことをしたいという考えを持つようになりました。

現在イラストレーターとして活動する中で、地域の広告のイラストだったりキャラクター制作もさせて頂けるようになりましたが、まだまだイラストを描くだけで終わっているのが現状です。

今回私にとって鳥取の地域の方と関わりながらイラスト制作させて頂けることは、本当に嬉しくありがたいお話です。

玄洋さん、本当に本当にありがとうございます・・・!

地域やまちのことに関心を持つきっかけをくれた鳥取で、また向き合えるチャンスを頂けること、最後まで地域の皆さんにご協力頂きながら、楽しみながら!制作出来たらと思っています。

発信方法

instagramをメインに発信しています。
プロジェクトCOM専用のinstagram「@ana_art_com」のアカウントがあります。
私だけでなく、長野/鳥取/広島にそれぞれ滞在されている20名のアーティストさんが日々instagramを更新しますのでリアルタイムで制作活動が拝見出来ます。

私自身も自分のinstagramアカウント「@mutsumi_illustration」で制作活動を発信していきます。

「#鳥取似顔絵企画」のタグで検索して頂いたらまとめて見て頂けるようにしていく予定です。

ご協力頂いている地域の団体様

鳥取で滞在するにあたり、地元の方とのパイプを繋いで下さいます。

■一般社団法人まるにわ
https://maruniwa-tottori.com

■NPO法人学生人材バンク
鳥取県鳥取市で若者と地域のチャレンジを促進されています。https://www.jinzaibank.net

沢山の方にサポートしていただきながらの制作活動。
自分も楽しみながら!沢山の方と関われるよう地域の方と向き合って行きたいと思います。

鳥取の皆様、何卒よろしくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA